看護師の治験コーディネーターへの転職

看護師は、看護学系の大学、専門学校を卒業し、国家試験に合格することでなることができます。
その看護師の就職先としては病院が圧倒的なのですが、
実際に看護師がずっと看護師でいることはなく医療関連であるが他の仕事に就いている人もいます。
看護経験、医療経験を生かして治験コーディーネーターへ転職するケースがあります。
治験コーディネータは、新薬の臨床試験において、
医師、患者、製薬会社の間でいろいろ調整業務などを行なったりします。

看護師が治験コーディネーターになるケースはまだまだ多くないのですが、
臨床経験のある看護婦が転職したりします。
看護師は重病患者を治すことができず、死んでいく人達を多く見ています。
その中で何とかできないかと思う人が転職して更なる医療の発展のためと、
治験コーディネーターに転職するのです。
日本は新薬の承認が遅い国なのです。
治験に携り、新薬の承認のスピードアップすることで、病気の患者に新たな薬を提供できるのです。

治験コーディネーターになるには、医療経験が必要ですし、臨床経験、薬の知識が必要です。
看護師、薬剤師などの治療、薬の知識がある人がふさわしいのですが、
看護師になった人がすぐなれる仕事ではありません。それなりの経験が必要なのです。
そのため、転職などで採用するのです。
治験を行なう病院側においてもそのような人材を求めております。
日本は新薬承認が諸外国に比べて遅いのです。
優秀な看護師が治験分野に転職することで更に治験が発展していくことが
医療の発展につながっていくかと思います。

コメント