企業からの看護師の転職を考える

看護師への転職希望はこの就職難や企業を取巻く環境が厳しい中、
今後も高まるものと思われますが、なかなか容易なものではありません。
しかし看護師はこれからの社会の変化の中でニーズが高まるものと思われるので、
転職先への選択としては良いものと思われます。
しかしながら、知識や技術レベルは相当高いものが要求されるので、
簡単にその資格を取ることは出来ないものなのです。
通常であれば最低3年は国家試験受験に必要となります。

一般企業から看護師に転職しようとした場合、
前記のように普通に学校へ通うと数百万円の学費と3年間の年限を要してしまいます。
転職ですのでできればこの期間と費用は短縮したいものです。
しかしながら企業に勤めながらの修業は厳しいジャンルです。
その中でも看護系学部への3年次編入は有効な手段といえます。
理工系大学を卒業しておれば3年次編入を認める大学も多いようです。
また、奨学金制度を持っている大学もあるので、それを使えば学費への不安もカバーできます。

一方、看護師の資格を持っていれば、反対に企業などへの転職は容易になります。
特に幼稚園や保育所、学童保育機関などでは看護師のニーズは高くなってきています。
子育てなどで看護師として時間の制約が厳しくなった場合は、結構転職先はあるものです。
時間的な単価は結構高いので、100万円パートの感覚で行けば、
就労時間は相当短くすることが出来るので、家庭との両立も結構容易となります。
また子ども相手の仕事は結構楽しいものです。

コメント