看護師としての自分をアピールするためにも、転職の際には履歴書の記入をしっかり行おう

看護師として働いていると、人によっては転職をしようと思う人がいるだろう。
自分が次に働きたい所を見つけた場合、
そこで採用してもらうために、まず履歴書を提出しなくてはいけない。
私もそうであるが、履歴書というのはなかなか書きにくく、
どうやって書いていいいのかわからない事が多く困ってしまう。
履歴書は、次の職場で採用されるための指標となるものであり、
そこからその人の経歴や人となりを知る為に大切な書類である。

そのために履歴書を記入する際には、注意しなければならない事が多くある。
また、看護師としてそこの職場で働く意欲を感じとってもらう文を記入する必要がある。
私は以前、転職で履歴書を記入した際に注意した事をいくつか挙げてみる。
一つ目は、文字は丁寧に記入することである。
これは当たり前の事であるが、非常に重要な事である。
なぜなら、担当者は履歴書を見て第一印象を決めるため、
いい印象を持たれる為にも文字は丁寧に書く必要がある。

二つ目は、資格、免許の欄について。
これは、相手に自分の積極性をアピールするにはうってつけの所である。
そのため、今まで取得した免許や合格した資格について多くの事を記入するようにした。
三つ目は、志望動機である。
これは、相手にとっても一番関心のある項目でもある。
そのため、自分をアピールする為にも、より多くの積極的な事を記入するようにした。
ここでは相手に自分の熱意を感じてもらう事が大切である為、前向きな文で記入する事がいいと思う。
このようにいくつか挙げてみたが、
これから転職を考えている看護師の人にも参考になってもらえるといいと思う。

コメント