病院に看護師として転職

看護師さんの転職先には、漏示ホームなどの施設や、大学病院や市立病院などの、総合病院、
個人のクリニックや診療所とよばれるところ、保健所など、さまざまな転職先があります。
しかし、実際に看護師資格をお持ちになって働いておられる看護師さんの人数を見てみると、
多くの就職や転職先の中で、圧倒的に病院勤務の方が多いと思います。
そもそも、大学病院や市民病院などの大型総合病院には病棟の数も多く、多くの看護師さんが必要です。

それに総合病院においては、大きく、入院、外来に分かれていて、
看護師さんの働く場所としても、外来看護師なのか、入院看護師なのかに分けられると思います。
診療所やクリニックでは、病院と違って、基本的には外来のみの対応になります。
転職情報を見ていても、病院には多くの科が存在することに気づきます。
転職を考える際には、必ず面接や筆記試験などの採用試験が、どこの病院においてもあります。
面接が重視される場合も多いです。

看護師の転職を考え、面接や筆記試験などの採用試験を病院に受けに行く場合、
事前に履歴書を記入し、看護師の採用試験を受ける病院へと持参します。
そのときに、おそらく、必ずと言って良いほど聞かれる質問は、
なぜここの病院で働きたいのかと言うことや、転職したい理由、転職を考えた時期、看護師としてのキャリア、
今までどんな病院で看護師としてどのようなことをしてきたのかなどを尋ねられると思います。
それについてしっかり自分の意思が固まっていると良いと思います。

コメント